日記

【日記28】殺伐とした小説しか書けないんだな

朝7時過ぎに起きる。

朝8時半からリフォーム業者が入り、母が見守る(?)感じ。

自分は自室に引きこもって大人しくしている。

ウォーモンガー作家

軍事・戦闘描写が出てこない小説を自分が書く、というイメージが全くできず、自分は結局のところ戦争屋(ウォーモンガー)の作家なのだな、と理解する。

15日の夜にだいぶ真剣に考えて、そういう結論に達した。

半端に日常を描こうとせず、徹底してアクション・ミリタリー・SFなどに力を入れることにする。

『アナザー・ルーラー』

項目通りのタイトルの小説を、昨日から執筆中。

アクション偏重にしてみたら書きやすくなった。

あまりページ数などは意識せず、適当に書きたい。

短編なのは間違いないので、規定枚数以内なら公募(電撃文庫の大賞とか)に出すかな。

800字ほど追加で書き、もう少しで5DP(電撃ページ。文庫で9~10ページ目)目。

Junk Wars』とかも書くかな。

リフォームの騒音

昔から自分は騒音というのがひどく苦手だ。

今日はほとんどベッドで寝て音を我慢していた。

統合失調症がひどいときも、だいたいこんな感じだったように思う。

疲れたが、明日も似たようなものなのでずっと起きていようかな。

小説を書こう。