日記

【日記4】僕のサイノウ

昨日は午後8時過ぎには寝ていた。いつ寝たか、記憶が定かではない。

でもって、朝3時半に起きる。その後猛烈に眠くなったのですぐに二度寝。

今度は朝7時前に起きた。

見る夢は決まって悪夢。集団行動から爪弾き気味に外れる夢などを見た。

良い夢というものをおいそれと見ない自分である。謎。

買いたい本、読みたい本

Amazonの電子書籍(Kindle本)では文豪たちの全集が200円や99円と非常に安く買える(著作権切れのためだと思われる。あるいはサービス精神か)ので、読んでみたいと思う。


『夏目漱石全集・122作品⇒1冊』

↑これで200円。短編もあるだろうが、相当な文章量だろう。

読破できるかが心配になるレベル。

2、3000円も出せば大体の文豪たちの本は集められるので、じっくり読んでいこうと思う。

読むには当然、Kindle Paperwhiteを使う。カラー表示ができないことを除けば、おおむね最高の端末だ。


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

当然ながら、文学作品を読むぶんには何も問題がない。ライトノベルとかだとカラーのイラストが再現できないのがちょっと残念かなー。

これらの本は、お金に余裕ができる来月に買い揃えようと思う(今でもだいたい買えるけど、1ヶ月の予算があるし、オーバーはしたくない)。

来月のお金の使い道

自分の1ヶ月のお小遣いは、今のところ3万円弱

内訳は、MTGアリーナ(デジタルカードゲーム)の課金(毎月は課金してはいない)、他のゲームの購入、外食、サブスクリプション課金(月額課金サービス。Amazonプライムや、kindle unlimitedの支払いなど)、通販での食品購入などになる。

今月はkindle Paperwhiteを1万3000円くらい(プライムデーのセール。kindle unlimitedが3ヶ月無料になるオプションが付いてきたので、実質1万円くらい)で購入したのが大きな出費になった。

欲しい本なんかも限られてきたし、読書時間を確保するためにも買い控えをするかもしれない(前述の文豪たちは一揃い買っておきたいけれど)。

余らせられるなら余らせたほうが良いだろう。

自分のクレジットカードはスマホの電話料金と合算でお金を入れておく仕組みなので、できればカードに貯めておきたい。

書くことについて

大した知識があるわけでもないのに、話らしい話、商業レベルか文学作品を書けてしまう人というのは居る。

天才というやつだ。かなり安易な表現だが、実際居るのだから仕方がない。

例えば初期の鎌池和馬(『とある魔術の禁書目録』シリーズや『ヘヴィーオブジェクト』シリーズなどの作者)さんなども、絶対に博識な知識を持っていたわけではないと思う。

ただ、執筆に必要な情報・知識はしっかりと仕入れ、実際に内容(本編)を書くということに関して、あの方は凄まじい才能を持っているのだろう。

物語の才能、というのかな。

対照的なのが自分が大好きな作家さんである浅井ラボ(代表作は『されど罪人は竜と踊る』シリーズ)さん。

バックの考証担当の力もあるのだろうけど、非常に博識なところを見せてくれる。

作劇に関しても基本がしっかりとできているとでもいうのか(アマチュアの自分がこういうのはなんかアレなんだけど)、安心して読んでいける。

才能だったり、努力による技術力だったり、創作にはいろいろあるわけだ。

鎌池和馬さんが努力していないわけでも、浅井ラボさんに才能がないわけでも、どちらでもないとは思う。

自分を引き合いに出して追加で説明もしたいが、やはりこのレベルのプロが相手だと及び腰になるなー。

全く、『その域』じゃない。

僕のサイノウ

また、頭を(できるだけ)まっさらにして、『自分が書きたい、自分でも書ける小説はなんだろう?』と首をひねってみる。

正直、長期シリーズを何十巻も続ける能力は一生かかっても持てない気がする。

かと言って、1冊の質を上げられるかも謎だ。

前者よりは後者のほうがまだ出来そうだが、単純に書く文章量が少なくて済むから、という腑(ふ)抜けた甘え根性によるものが大きいであろう。

個人的には、最初に『書きたいシーン』(印象的なシーン)がよく浮かぶので、それを点に見立てて複数の点を『線』でつなぐ(=物語の大部分の文章の執筆)感じの書き方が良いのかもだ。

才能はないし、努力も大してできなかった気がする(主に精神病で、努力が迷走していた)。

あと、精神病(統合失調症)だったから小説なんぞを書こうとしたのか、調子が良くなってからはいい文章書けるようになったけど、昔ほどの情念はなくなった気がする。

淡々と、ライフワークとして書くというのもありな気はしている。

設定やそれを説明する文章は好きだが、実際に面白い物語を創作するとなるとなにか、非常に難しい。

そもそも論として、自分は物語を楽しむタイプでもないような……。

短編集どころか(細かいストーリーの)断片集である。

起承転結もへったくれもないような文章しか書けない、というのは言い過ぎだろうか。

ブロガーに向いている気がするのも、なにか分かる気がしている。

人気ブロガーを目指したいというか、なりたいものだな。

物書きにも明確に才能はある

自分はせいぜい読みやすい文章をかけるようになった(訓練しました)程度で、創作関連の才能は軒並み死んでいたように思う。

あとは、世界観や設定を考えたりとかか。

才能否定論者も居るし、努力し続けていれば花開くという考えもあるが、個人的には自分の才能では残り寿命が150年あってどうにかなるかどうか、くらいなもんだとすら思えてくる。

根本的に作劇に関する誤解もありそうだ。

しかも、『才能ないね』で割り切れるような気軽な付き合いをしてきたわけでもない。

なにか執筆活動から置き換えられるものがあれば良いのだけれど。

……ブログ執筆?

書くことについてPart2(結論)

思考がまとまってきたので、結論を書く。

自分は『人間』が書けないのだな、と深く思った(反省?)。

感情が薄いし、他人には興味がないし。

作家として必要・重要な才能は『人間を書くこと』であろう。

自分個人についてなら何万字でも書けるだろうが、やはり小説には向いてないね、ということになった。

ブログで収益、ご飯が食べられるレベルになれば忘れられるくらいにはなるのかもしれないが、道のりは遠い。

昨日の確定収益(Googleアドセンス)は1円だったしな!(本当)

書くことについてPart3(追記)

どんなに才能がなかろうが、書きたい気持ちは本物だし、続けなかったら今際の際に後悔するだろうな、とは思う。

自分自身しか楽しめなくとも、ちょっとは書こう。

勉強

2次関数(高校数学)を学ぶ。わりと早く終わりそうだが単元は他にもたくさんある。

小説(人間)が書けないぶん、人間の感情などが関係しない分野が非常に得意か、と言われるとそうでもない(残念過ぎる)。

29歳の今で2次関数学んでるくらいだしなあ。いや、一応申し開きや言い訳はできるんだけど(精神病で十数年大変だった)。

ちゃんと30過ぎたあたりで大学レベルに行きたい。

LOST ARK(ロストアーク)

最近話題のMMORPGだが、起動がいちいち長いのはどうにかならないのか。

1時間ほど遊び、プロローグをクリアして職業『デビルハンター(無職)』になった。

ハンターの上級職(?)は3種類の職業から選べるようだが、始めからこれにすると大体決めていた。

プロローグを終えたので、これからは自由なクエストが待っているのかな?

自由に冒険したい。

その後、午後2時くらいにセールで買っておいたSTEAMの『バイオハザード4』をインストールする。

しばらくPCで重い作業はできなくなるな。1時間くらいで終わるらしい。9GB弱。

そもそも動くのか謎だが(『デッドライジング』などは重くてまともに遊べなかった)。

やはりゲーミングPCが欲しい。

バイオ4は昔遊んだことのある、好きなゲームなので実況とかもするかな?

あんまり視聴されなさそうだけどなー。

音楽配信?(TuneCore)

自分が制作した音楽(デジタル音源)を配信・販売できるサービス『TuneCore』というものに興味を持った。

音楽制作はアマチュアだが、好きは好きなのでお金に変えたい思いはある。

今のところ触ったことがある作曲ソフトは、無料(フリー)ソフトの『Domino』くらい。

その程度の作曲技能なので、まあまだ先だ。

ただ、来月末には初音ミクNT(1万9800円)が発売されるので、それとセットになっている作曲ソフト(DAW)を購入・アップグレードして音楽制作をしていきたい。

個人的には作詞までするよりかは、作曲だけにこだわったほうがなんか上手く行きそうな気がするのだが、初音ミクは正直欲しい。

作曲ソフトまで(アップグレード版)を買うとお金がかなりかかるので考えものだが、いつまでも『Domino』を使い続けるのもなんかなあ。

どのみち音楽制作→販売はまだ先。

そこまで先にはしたくないけど、全く売れない音楽などは作りたくない気持ちはある。

あと『Studio One Prime』(このアップグレード版を購入予定だった)は無料で使えるので取得し、あらかじめ使い慣れておこうと思った。

気分次第のまとめ

今日はあまり勉強がはかどらなかった。

意識ではなく、絶対に勉強しないといけない生活設計・リズムにすればいいのだが、あまり上手いことそれができない。

まあ、寝る前にKindle Paperwhiteで学ぶかな。