創作

【初期設定など】Dominoで楽しく作曲する方法【(超)初心者向け】

無料(フリー)の作曲(DTM、デスクトップミュージック)ソフト、『Domino』。

DTMは要するに、パソコン上で作曲することね。

自分は半年以上ほど触っているよ。

Windows 10でDominoを使っているので、勝手が違う環境の人がいたら失礼します。

注意点としてはこの辺↓

・本当に最初のときだけ(インストールしたて)のときだけ、音符などの位置がブレブレ(柔軟すぎる。通常は指定した○分音符単位とかできっちり入力される。原因は不明)だったので、同じ現象がある人がいたら、別の新規プロジェクトを作ってみると良いよ!

・ドラムの音は鳴らない状況が頻出するので、気にしすぎないように(音源にした場合、ちゃんとドラムの音も再生されている)

・MP3などの音源にすると、Dominoで鳴らしていたときとは音が結構変わる。これは仕様なので仕方がない。

・無料だし、そこまで高機能なわけではなく豪勢な(多種類の)音源が付属するわけでもない。ただし、通常のDTM作曲ソフト(DAW、デジタル・オーディオ・ワークステーション)が何万円もすることを考えれば、初心者には非常にありがたい。

・Dominoの開発・配布者には、感謝して使おう。

新規プロジェクト作った 何したらいいの?

初期設定は終えているものとする。

音が出ない、わからない場合はこちら(外部リンク)などが参考になります。

データの保存方法

作曲データの保存はCtrl(コントロール)+Sキーの同時押しで簡単。

最初だけ名前をつけて保存することになるよ。

楽器の変更方法

一般的な画面はピアノロールという画面で自由に音を入力することができる(初期・デフォルト設定は楽器の『ピアノ』)。

楽器の切替方法(ピアノだけしか出せなかったら悲しいものね)は、画面左上のA1などと出ている枠(トラック)から楽器の枠・トラック(A1~A16、ただしA10だけはドラムで固定)を選択してトラックを選ぶ(最初のピアノの楽器を変更したければ、そのまま変えずにA1のままで良い)。

トラックは複数の楽器を同時に鳴らすためのものだと思ってね。

さらにトラック選択枠の下(画面左)の「PC:Piano 1」(大量に縦並びになっている情報があるので、しっかり探してね。ちゃんとある)をダブルクリックすると、いろいろな楽器を選択・変更できるようになる。

入力した楽器の音を一画面(ピアノロール上)に表示する

個人的には、画面右上の『玉ねぎマーク』をクリックして、『ピアノロールオニオン機能』を使うのをおすすめする。

これを使うと通常は1楽器までの音しかピアノロールに表示されないのが、玉ねぎのような階層構造のように(他の楽器の音は別の色で)表示されるようになる。

むちゃくちゃ便利。書い人は新規作成するたびに毎回使用しているよ。

まず、『ピアノロールに指定のトラックを表示』を選択する。

Ctrl(コントロールキー)を押しながらなら、1楽器1楽器を指定でき、Shiftキーを押しながらでなら範囲選択になる。

書い人としては、A1(最初の楽器。初期設定は前述の通りピアノ)からA10(10番目の楽器のこと。これだけはドラムで固定されています)までShiftキーを押しながらで範囲選択してしまうのがオススメ(別にA16まで選んでもいいけど、初心者なのでまだそこまで大量に楽器は使わない)。

また、別の楽器でも、完全に音の場所と長さが被るとその部分は表示されない(はず)ので、それだけには注意。

まあ、自分で入力しているわけだし、音も出るしで普通は気づくだろうな(トラックを変更すれば被っている楽器とかも確認もできるし)。

簡単コピペ

Tabキーを押すとトラックリストの一覧表示がなされる(画面切り替え機能)ので、打ち込んだ音をクリック&ドラッグで範囲選択してコピー&ペースト(貼り付け)ができる。

一定のメロディーをコピペするのはもちろん、ドラムのコピーには特に便利。

頼りすぎるとあまり変化のない曲に仕上がってしまうので頼り過ぎには注意(笑)。

まとめ

始めたての自分に教えるつもりで書いたよ!

他にも書きたいことが増えたら追記する。

また、初めての作曲にはこちらの本を絶対におすすめする(自分も読んでいます)。

ちなみに自分の音楽チャンネル(YouTube)はこちらになる。できればよろしく。

以上!