eveonline

【EVE Online日記】ハイパーネットリレー=EVE式くじ引きだった【34】

eveonlineはこちらから遊べます(招待コード)。

今回はハイパーネットリレー(以下、ハイパーネット)について語っていきます。

今後本格的にやっていきたいので、予習的な文章ですね。

こちらも参照(外部リンク):B-OSP EVEONLINE WIKI(ハイパーネット・リレー)

ハイパーネットってなに? どうやるの??

ハイパーネットは端的に言えば、くじ引き方式で入札ができるマーケット売買の方式です。

ハイパーネットへの参加方法は、メニュー・ツールバーであるNeocomの一番上をクリックし、財務を選択、さらにハイパーネットリレーをクリックすればOKです。

(ここまでなら、いきなりISKの支払いを迫られたりとかはありません。)

購入(入札)方法について

ハイパーネットリレーを開いて最初のページで、入札したいアイテムがあったらそれをクリックしてみましょう。

ハイパーネットでは1個のアイテムしか販売(オファー)できませんので、弾薬などではなく、単品で高額な艦船やそのブループリント(設計図。開発済みになっているものなど)、スキルインジェクターなどがよく売られています。

8、16、48、512の4種類の入札数すなわちHyperNode(ハイパーノード)が存在し、そこから1つ以上の入札権を購入することで入手できる権利が出ます。

例えば、ハイパーノードが8つなら8つのノード全てを買い占めれば確実にその入札商品を入手できますが、資金効率は当然悪いです。

ハイパーノードが8つで1つのノードを購入した場合、入札商品が手に入る確率は8分の1ですが、当たりさえすれば、売られている価格の8分の1で手に入ることになります(8分の7の確率で失敗。ISKが無駄になります)。

ちなみに抽選に当たった場合のアイテムは、オファーを出した人(販売者)のステーションにて受け取る必要があります。

販売(オファー)方法について

まずは作成を選んで、そこからアイテムハンガーなどにあるアイテムをドラッグ&ドロップしましょう。

パッケージ済みかつ、NPCステーションのアイテムハンガーにあれば、遠距離のステーションのアイテムでも売買できます。

オファー作成にはハイパーコアというアイテムが必要です(手数料の1種だと考えればわかりやすいですね)。

ハイパーコアは、オファー(販売)したい商品の価格によって必要な数が変動し、最低でも1個は必要です。

ハイパーコア10PLEXで100個ニューエデンストアで購入できるほか、通常のリージョンマーケットでもISKで購入できます(PLEXと引き換えたほうが今のところは安く済みます。執筆時点現在では、1個30万ISK弱くらい)。

さらに商品価格に対して5%ハイパーネットリレー費用がかかります(スキルによる軽減はできません。

ハイパーネットリレー費用オファー完了時=ノードが全て売れた場合にかかります。

オファーの利点としては、入札期間が3日と短くそこまで価格競争に晒(さら)されづらいため、適正価格前後で売ればちゃんと収入になる、といったところでしょうか。

完了したハイパーネット・オファーのデータ』を見れば、今までに販売されたオファーの価格データを確認することもできますので、適正価格の見極めに重要になってきます。

オファー開始から3日経ってもノードが売れ残った場合は取引不成立で、自分はハイパーコア分損をします(ノードを買った人にはノードの代金は返却され、オファーしたアイテムは自分の元へと返却されます。)。

オファーしてみました(画像のみ)

以前拠点にしていたハダウガゴの移動式トラクターユニットを900万ISKで出品してみました(初出品です。ハイパーネットで買ったこともまだない)。

割安らしいので、見かけて興味があったらくじ引き、もといハイパーネットしてみてください!!

ウォレット残高が異常に少ない(450万ISK)のは、まあ転売目的の弾薬の買い過ぎですね……。

以上!!