雑記

どうやったら努力できるのかより、どうやったら好きになれるのかを考える方が100倍大事

1日最低1時間は勉強すべきだよなあ、受験もなにもないけど。書い人です。

今回は努力や楽しい努力にについて書きます。

好きなことは自然体でできる

みんな、好きなことは普通に始めていたり、とにかく勝手(自主的・自発的)にやっているものだと思う。

そうじゃなかったものも後天的に好きになることはかなりできるものだと、書い人は思う。

学習・仕事で壁にぶつかったら、悩むよりも好きになれる方法を探るのが無理に努力するより100倍大事だと考えている。

どうしても好きになれないものは?

結論:やらなくていい。

心の底から、どうやっても好きになれないことからは逃げて良いと思うんだ。

書い人も犯罪や良心に反することは大の苦手だし、克服しようとも思わない(←微妙にズレてる)。

例えば数学が本当に心底、憎むレベルでできない人が無理に数学をやろうとしてもたかが知れている。

ていうか、算数レベルを理解できているのかも怪しい大人もたまにいると思う。

自分が他に好きだったり、努力が苦じゃなかったり、好きになったりできそうな分野にフルコミットすれば良いだけだ。

おまけ 自分の勉強のこれからについて

お勉強ブログでもそれとなく触れているのだけれど、自分はちょくちょく勉強を進めている。

いろいろ考えた結果、現在はどこまでも正攻法で挑戦することにしている。

高校数学はあと2年、大学・大学院の数学は5年~10年はかけてものにしていきたいと思う。

他の作業(ブログ執筆やゲームサイト運営など)で忙しいのは事実だし、数学以外の勉強(主に理系科目・分野だけど、一般教養も押さえたい)もやりたい。

別に天才でもないし、むしろ精神障がいがあるくらいなので認知機能は完全に快復はしていない気もする。

完全な快復に期待はしたいが、努力せずにボーッとするのも嫌なので普通に頑張りたい。

以上!