ゲーム

【創作カードゲーム】面白いオリジナルカードゲームの作り方について考える

これまでに(ほぼアイデアだけだけど)カードゲーム(TCG、トレーディングカードゲーム→MTG(マジック:ザ・ギャザリング)とか遊戯王カードみたいな感じ)を作ってまいりました、書い人だよ。

興味のある方は『い人のブログ』(創作カードゲーム『ファイナル・カード』とか)でも覗いてみてね。

今回はカードゲームの創作ってどんな感じ? という方向けにアイデア・ノウハウもどきを書いていきたいと思う。

数値は見せかけ。どうとでもなる

例えばプレイヤーの初期LP(ライフポイント)が2000なら攻撃役(モンスターやクリーチャーなどと呼ばれるもの)の攻撃力はかなり高いやつで半分の1000ポイントにする。

初期LPが4000ならかなり高めの攻撃力は2000ポイントにすればいいだけで、これは作り手サイドの考えによるだろう。

実際、遊戯王カードの初期LPは4000または8000ポイント、MTGの初期ライフは20点が基本だが、どちらもゲームとして成り立っている。

ここで重要なのはLPと攻撃力のバランス感覚だというのは言うまでもない。

カードのアイデア(の出し方)について

まずはたくさんカードゲームに触れて、アイデアを溜めるのが良いと思う。

遊戯王やMTGは本当にたくさんの元ネタがあり、良い学習素材になってくれる。

場に出ていくカードの種類については、こんな感じ↓

・攻撃役(モンスター、クリーチャー)

・呪文(スペル、ソーサリー)

・置物カード(永続、エンチャントなど)

・伏せカード(リバースカード)

能力や効果はこんな感じ↓

・カードを追加で引く(ドローソース)

・除去(攻撃役などの破壊、追放、除外、バウンス(手札や山札・デッキに戻す)、など)

・攻撃役を何らかのコストなどで追加で呼び出す(戦場に出す、特殊召喚など)

・ライフを回復する(ライフゲイン、リカバリー、など)

・サーチ(カードを山札から手札に加える、など)

・妨害系(打ち消し、『無効にし破壊する』、など)

これらのカード(など)をどれだけバランス良く、そしてユニークに配置できるかはゲームを楽しんでもらう上で非常に大きなポイントになるだろう。

ルール設定(なるべくシンプルに、ジャッジは厳密に)

ルールは複雑にしすぎないほうが良いと思う。

正確には、複雑になりづらい下地(土台)でゲーム開発をしていくなどが大事になる。

遊び手目線で考えても、複雑なルールについてこれないリタイア組を(たくさん)出すのは避けたいし、デジタルで作りたい場合も同様で、プログラムが複雑すぎるゲームは制作が難航する。

ジャッジを厳密にする上でも、ルールははっきりと分かりやすいものが良いだろう。

実は、そこまで凝らなくていい部分だとも言える。

適度にパクれ!

盗作は厳禁なのですよ。

ただ、有名(カード)ゲームの良いところから影響を全く受けずにオリジナルのカードゲーム(TCG)を作るのは不可能に近いと思う。

自分の創作ゲームに取り入れられる部分は取り入れて、上手く消化して使っていこう。

自分が今作っているカードゲーム

書い人のブログ』で張り切っていた『ファイナル・カード』は一旦凍結中。

これまでの反省を活かし、完全新作のカードゲーム(名前はまだない)を考案中(開発5日目。投稿日・初日時点)。

具体的なルールはこんな感じ↓(暫定的なもので、変わったりポシャったりする可能性あり)

・ゲームに使う山札(デッキ、カードの束)は40枚ちょうど。

・デッキを構成するカードの内の20枚は、指定された汎用カード(少なくとも50~100枚は考えておきたい)から選択する(残り20枚で個性を出すシステム。デッキ構築の幅に制限をかけることで、プレイ難易度を下げたり、ルール・システムの汎用化を目指したい)。

・デッキに同じカードは入れられない(いわゆるハイランダー。個人的にはオール(ALL)ハイランダーと呼称している)。

ちょっと出してみたけど、パクられないか心配(ごめん残念たぶん杞憂)。

汎用カードはあまり個性的じゃないけど、一通り役割が揃っている感じになる(ドローソース、単体除去、全体除去、打ち消し、サーチ、特殊召喚などなど)。

さらに細かいルールなどはこれから作りながら詰めていくよ!

まとめ ルールとマナーを守って、楽しく開発しよう!

それぞれの常識の範囲内で、鋭意努力してほしい。

面白い(カード)ゲームを作るには、なによりも(ゲームの)バランス感覚が大事だと思う。

あとは実際の開発や、販路の確保など、実売へのハードルは高い。

自分はじっくり資産を貯めてなんとかしたいですな(怪しい勧誘、お断り!)。

以上!