雑記

【ニート・無職必見】自分が社会復帰(就職活動)を馬鹿らしいと思う理由

社会復帰、まあ就職とかだね。

自分は別に真面目に働いてる人を馬鹿にはしないけれど、自分自身が普通に働くのは心底馬鹿馬鹿しいと思っている。

普通に就職しなくても、進む道は多様化している

ブロガー、YouTuberなんかが最たる例だろう。

他には作家、音楽家、ラーメン屋とかかな?

自分が進みたい道は特に学歴やキャリアが必要ないものばかりだったので、普通に進学して普通に仕事上のキャリアを積む、というのが馬鹿馬鹿しいというのは大きい。

精神病患者の一般就労は大変すぎる

自分は統合失調症で、精神障害手帳2級の等級だ。

これはそれなりに重いという認定で、2ヶ月に1回、10万円以上国から障害者年金を貰えている。

こういう人間が働くには、就労支援B型・A型などで働く障害者雇用枠で雇ってもらうアルバイトをするなんとか一般就労する、などといった道がある。

自分も就労支援B型に居たことがあるが、時給は低いし(支援施設なので、最低賃金を大きく下回る)、時間的制約が生まれて自由に動けないなどを理由にやめた。

わりと世の中に恨みがある

小中学校はチンパン(ジー)の惑星だった。

馬鹿しかいねえ。

普通にいじめにあうし、小柄で反撃をいちいちしなかった自分は何回もいじめの標的になった。

いまさら恨み言を述べてもしょうがないが、とにかくだいたいその辺の世の中のズレで自分は統合失調症になったようなものだ。

高校~20代半ばまでは、病気のせいでまともに動けなくなった。

周りが助けてくれた記憶はほぼないし、あまりの世間の鈍感さには呆れと強い恨みがある。

自分は元々頭が良いし、底辺だとも思わない(というか人の生き方を底辺とかそういう単純な括(くく)りで考えたくない)。

世の中の酷(むご)たらしいまでの愚かさにはついていけないし、ついていく気もない。

病気を経て、普通に生きない権利を堂々と得た気がする

統合失調症で、自分は独自路線の人生を強制的に歩まされたわけだ。

周囲と合わせる気はないし、その必要もない。

自由に生きようと思う。

社会の枠にとらわれて自分の価値観を狭めている人に言いたいが、生き方なんてその人1つ1つに種類がある。

普通に就職するだけが人生じゃないよ。

以上!