雑記

「一生安泰なんてない」という考え方が、結果的に一生安泰を作るのではないか

聡(さと)い読者の皆様ならわかっているはずだろうけど、今どき「これさえやっておけば」【一生安泰】なんて仕事はまずない。

今回はそれでも安泰を求めたい人(自分を含め)向けに記事を書いていく。

常に流動的な思考であれ

世の中はかつてないほど激しく動く時代になってきた。

この時代で上手く生きていくには、時代性を受け入れて適応していく必要がある。

柔軟な思考回路を持ち、多少世の中が変わってもへっちゃらでついていく。そんな考え方が重要ということだ。

世の中の需要に応える

稼げていない、これから衰退するというのはつまり世の中の需要を満たしていないということであり、将来的にもそうなのであればやめたほうがいい仕事なのは言うまでもない。

逆に、今の収益が微妙でも将来的に非常に有益そうであれば、チャレンジするのは間違いない(自己責任だし、1発で成功とかも夢みたいなものだが)。

自分の生き方(参考程度)

自分は個人で稼ぐという働き方を重視しているわけだが(他人とか面倒くさいので)、複数のブログ、YouTube配信(YouTuber)などがメインの仕事になる。

仕事になるかは不明だが、勉強や小説執筆もちょくちょくやっており、いずれは何らかの形で世の中に有益な情報を発信していきたいと思っている。

ブログサービスが潰れたり、収益化できなくなることは基本的になさそうだし、今のGoogleアドセンスなどがなくなっても他の代替サービスが生まれるだけだと思う。

YouTubeも同じ。もしなくなっても代わりは利くというか、まずなくならないだろうけど『動画共有サービス』という括(くく)りなら代わりはある。

ちょっと冷酷な発想だけど、まあとにかく需要さえあれば代わり(同じようなサービス)は出てくると思う。

まとめ 一生安泰なんてない、という覚悟が安泰を作る

自分はまだまだ安泰と呼べるほどの収益はないけれど、それでも上記の考え方がこの時代に最適レベルでマッチしているのだというのは、個人的に確信している。

良い大学を出て、良い企業なり組織に入れば、一生安泰。

大昔はそうだったのかもしれないけれど、今は全然違うのは現実を直視すればわかるはず。

まあ、良い企業や組織で働くのが悪いことだとは思わないけれど、工夫がない組織や人間はさっさと淘汰(とうた)されるのは目に見えている。

常に工夫し、チャレンジし続ける人生であってほしい。

輝く人生を歩みたいものだ。

以上!