動画配信

【独自性】他のコンテンツと自分との差別化について考える

有名人になってお金を稼ぐにはどうしたらいいんだろう?』とか思っている人はそれなりには多いと思う。

自分からコンテンツを発信する上で、独自性(=他のコンテンツとの差別化)はむっちゃ大事なのは間違いない。

今回は特にYouTubeに焦点を当てて書いていきたい。

この記事を作るにあたり、大いに参考した偉大な動画はこちら!↓

独自性のある、コピーされにくいコンテンツとは

『自分はこういう人間だ』、というキャラクターを作る

人間が発信するわけだし、キャラがしっかり立っているコンテンツは良くも悪くも目立ちやすい。

パーソナル・ブランディング(個人のブランド化)とも言うらしい。

自分は大人しすぎるきらいがあるので、どう振る舞えばキャラが立つのかを真剣に考える必要はあるだろう。

例えば自分がやりかけているゲーム実況なら、

・リアクションを大事に、面白くやる

・深い考察を行う

・特に有用な攻略テクニックを紹介する

・とにかくやり込んでみる(自己満足にならないように注意)

とかかな

パッと思いついたものでも4つ出てきたが、まだまだやり方はあるだろう。

また、パーソナル・ブランディングは人気が出れば固定客のようなものもつくが、信頼を失うような行動を取ると一気に印象が悪くなるので、普段からの言動には注意するべきだろう。

文章より動画のほうが個人のブランド化はしやすい?

正直これは個人的な話だけど、自分が伝えたい微妙なニュアンスとかを文章で書こうとすると、多分無理。

できても採算がとれないくらい面倒なものになりそう。

たまに『今日はヒトデ祭りだぞ!』のヒトデさんとか、やたらエモく(エモーショナル、感情を揺さぶる)、面白い文章を書く方もいるけれど、自分にはそれは難しい。

動画だと声のトーン、口調などでどんな人かがダイレクトに伝わる。

自分が楽しんでいれば、それがちゃんと伝わってくれるはずだろう。

独自性を生み出す掛け算の見つけ方

上のマコなり社長の動画にもあるように、独自性の掛け算がコンテンツのヒットには重要だとある。

「って、そんな簡単にできれば苦労しねーわー!」そういう声が聞こえてきそうだ……、あ、自分の声だったわ

ヒットコンテンツの後追いは難しいね、という話になる。

とりあえず人気がある自分がやりたい分野の他の人の長所はほぼ全て運用する、くらいの気持ちは最低限として大事。

独自性とかは後でもいいと思う。

やっていくうちにコツがつかめるのでは? というのを個人的に楽観視している。

ただ、自分の場合は投資額が数万円以下の小規模運営者なのでこういうことが言えるのは事実。

企業経営で(とくに大きなプロジェクトなどの)失敗は許されないだろうから、その場合は本当に真剣に考える必要があるはず。

発明レベルで行動する必要がありそうだ。

まとめ やりながら成長するのがベスト

YouTubeなどでは、始めから優秀な動画をアップしていても、そんなすぐには伸びない。

YouTubeの新規参入の壁(=人気が出る壁)は非常に高くなってるので個人的にはコツコツやっていくのが一番かなー、と思っている。

最初の1年~数年はほぼ収益化できなくても当たり前、くらいに思っていたほうが楽だろう。

それでも続けられるなら、ワンチャンスどころか、幾つもチャンスは転がっているはずだ。

以上!