雑記

【ストップ・自死】自分と同世代の人の自死について思うこと

投稿日時点から見て昨日、自分と同世代の有名な俳優・歌手である三浦春馬さんが自死したというニュースを見て、それなり以上に衝撃を受けています。

芸能界にはほぼ興味のない書い人ですが、同世代の人が亡くなった(将来もかなり有望だったろうに←それは関係ない、命は平等だ、とう人の意見もありそうですが)ということで思うところはあります。

前提 万人に自死を踏みとどまれと言うのは傲慢か?

世の中には大変辛い思いをして生きている人もいるだろうし(管理人・書い人も統合失調症で苦しかった。過去1万回以上死にたいとは思っています)安直に「死ぬな!」とは言い辛い。

よほど極端な例外(もう死ぬ以外ないのに強い苦しみに晒されている人など)を除き、それでも自分は人に生きてほしいと思う

また、自死された方についてこれ以上とやかく言う気はない。

もう亡くなられているし、それ以上の追求は無用(無意味・無意義)。

人にはなるべく死んでほしくない

よほど邪悪な人間とか、さっき挙げたような尊厳死を待つしかない人は例外ですが、自分は人には死んでほしくない側の人間です。

なぜかというと、苦しみも含めて、その人にしか味わえない人生だと思うのだよね。

「だから苦しめ」とは思わないけれど、個人的にはせっかく存在する幸せも苦しみも含めた『人生でしか味わえないなにか』をしっかり味がしなくなるまで味わってほしいと思っている。

希死念慮と闘い続けた経験談

自分の人生の大部分は、希死念慮(きしねんりょ、自死を思う気持ち)との闘いだったような気がしている。

小中学校ではひどいいじめにあったし、高校以降は統合失調症で全く勉強ができなくなり、高校卒業後は引きこもり・ニートとでもいうべき生活をしていた。

思い出そうとするだけで心が暗くなり、痛む。

調子が良くなってきたのはほんの2年前からくらいで、今から1年前にブログをやりだした。

最近は精神が本当に落ち着いて、こうして他人に関心を強く向けられるようにもなった。

はっきりいって幸せな毎日を過ごさせて貰っている(まだまだいろいろあるけどね)。

案外と自分も、自死と非常に近い領域で生きていたように思う(鈍感?)。

次項では得られた経験から思うことを書いていく↓

苦しみはあるが、過剰反応は良くない

喉元すぎればなんとやらというのはあるし、自分も10年以上許せていなかったいじめをしてきた連中のことを、最近はどうでもいいと思えるようになってきた(忘れかかっている)。

個人的には苦しみについてはポジティブなアクション(行動)で対処するべきだと思う。

はっきりいって、そこまで悩んだり考えたりするのは無駄。

大半の人は実際そこまで悩まないのだけれど、特に頭が回ったり、考えすぎたり、あるいは神経質な人は要注意。

繰り返すけど、踏みとどまって考えるよりも、前向きな行動を起こすべきだと思う。

自分の場合は、いじめを受けているのならば大人にちゃんとしっかりと報告する、統合失調症なら医療機関の診察を受ける、とかかな。

現実的な解決手段はすぐ目の前に転がっているのに、殻にこもるのを選んでしまうのはひどくもどかしい、もったいない。

まとめ 人に生きていてほしいと思う

反論はあるだろうけどね。

いま苦しみの真っ只中にいる人とか、特にそうだと思う。

とりあえずまあ、冷静になってほしい。

現実的な解決手段はないか?

考えすぎているだけではないか?

時間が解決するものではないか?

思考様式・形式・方法を変えてみるのは?

とりあえず別のなにかに没頭してみるのは?

いのちの電話や、こころの健康相談統一ダイヤル(厚生労働省の自死対策センター)に連絡してみるのは?

医療機関を受診するのは?(←かなり重要です)

とりあえずいろいろある。

「自分(だけ)は大丈夫!」と思わないのは重要

あなたは大丈夫でも特別な存在でもありません

いつでも人は、簡単に追い込まれます。

無神経な人がいるのは事実だけど、メンタルに問題がある自覚がほんの少しでもあるのなら、本当に大丈夫なのかを考えてみてほしい。

(言葉足らずなところがあればリライトするか別記事で書きます。)

以上!