ブログ報告

【雑記ブログ】ブログのテーマ・方向性がずれてきたときの対処法とか

『大好き』『超楽しい』を伝えるブログ(サブカル多め)、あと雑記とか』というのがこのサイトのテーマだけど、最近は雑記がメインになっている気がする……。

最近幸せだし、YouTuberなどをしているマコなり社長さんやマナブさんに影響をもろに受けた記事を書いている。

雑記自体も『大好き』で『超楽しい』から、あながち間違いでもないのだけれど……。

同じような悩みを持っている人向けに、思考を整理整頓して記事を書いてみることにした。

初期とテーマがずれてしまうのは悪ではない

(特に長期連載の)漫画とかでもよくあるパターンです。

初期と設定がぶれて(ずれて)矛盾が発生したりとかね。

自分のブログでは矛盾と言うほどではないけど、初期の『漫画・ラノベ・アニメ、ゲームとかをたくさん紹介しまくるぞ! おおおー!!!』という感じではなくなっている。

理由はシンプルに、そこまで面白すぎる作品が少ないのと、遊んだりする時間が取れないから。

あとは、雑記の方が書きやすく、テーマ選びに困らず、なにより人の役に立てている気がするという思いが強いからでもある。

人の役に立てればいい

結論として、なにかを検索する人はなにかを知りたい、解決したいという悩みや問題を抱えていることになる。

そういう人の悩みに寄り添うには、より広範な人生とか成長とかの記事を書いた方が良いと思っている。

まあ率直に言って「このゲームについて知りたいんだけど、詳しいまとめや初心者向けの情報を載せているサイトはないかな?」という人が来てくれる場合などもあるだろうから、サブカル記事が全部無駄というわけではない。

サブカル記事も余裕を見つけては書いておきたい。

悪しきブログ例

上で書いたように、人の悩みを解決しようとして書くのが重要。

面白(おもしろ)記事』(例:『今日はヒトデ祭りだぞ!』ブログの記事とか)も暇を潰せる、楽しいという意味で有用だけど、かなりセンスが問われるので難しい(才能があればいくらでもどうぞ、とは思う。)。

テーマがずれるのが悪ではないとはいっても、怠惰(たいだ)に身を任せたような方向性にチェンジするのは当然ながら読者にとっては有用ではないし、当然収益も低下するだろう。

また、怠惰でなくとも誰の悩みの解決に繋がらない上に、面白くもない記事を書くのも良くない

自分の人生の悩みについてダラダラ書くとか、現情報告は必要ない

それでも好きに書きたいという方へ

昔の自分がそうだったので、まずは無料ブログなどでブログを開設し、好きに書くブログを始めるのをおすすめする。

十分に書きたいことを書いたら、自然と読者の役に立てる記事が出てくる可能性は大きい。

遠回りに見えるけど、最初にブログを書こうと思ったときなんて自分に思いっきりベクトル(考え方の方向性)が向いていて、他人の視線・目線に立って考えることなんてできない可能性が高い。

日ごろ・今までの鬱憤(うっぷん)晴らしも兼ねて、まずは好きなだけ吐き出してみると良い。

収益化はほぼ不可能だが、下積み期間だろう(自分も『書い人のブログ』というのでやっていた)。

テーマのずれなど、読者はほとんど気にしない

ブログ開始の初期は特に、googleなどの自然な検索流入(オーガニックサーチ)から入ってくる人がほとんど(7~8割の読者)だし、リピーターはリピーターで、自分のサイトの方向性などを有用だと判断してくれているから読んでくれているわけ。

有益な記事であれば、基本的にgoogle先生が勝手に拾ってくれるので特に問題はない。

あんまり初期のテーマからずれるようだと『SEO用サブタイトル』(ブログタイトルの後に出る説明的な副タイトル)を変えたりするのも良いと思う。

まあ、そもそも『車のブログ』というブログタイトルなのに『今日のおすすめゲーム』とかいう記事を書いていたりばかりしていたら「あれ?」とさすがに読者もなるので、ブログタイトルくらいはちゃんと考えよう

ブログタイトルに関しては、雑記ブログなら一発で覚えてもらいやすいネタ感のあるタイトル、特化ブログなら特化したい内容を含んだタイトルにするのが良いだろう(あとは個々人に任せる! 自分のブログのタイトルくらいは責任持って決めてね!)。

まとめ よほどのことがない限り、対処の必要性は薄い

ただし、特化ブログでこれはマズイのでは、とは思った。

なんでも書ける雑記ブログでは、人の役に立ってさえいれば「お前、需要あり」とgoogle先生が判断して上位表示させてもらえるけど、特化ブログで全然別の内容を書き出すのは雑記ブログ化してしまうのでよろしくない。

その場合は、そうした別の内容の記事は書かないようにするか、奥の手としては新規にブログ・サイトを作ったり、思いっきってブログタイトルを変更してしまう手段がある。

かなり根本的な部分の問題なので、ブログタイトルの名付け方同様、最後は各ブロガーの判断に委(ゆだ)ねられている!

以上!