雑記

『好きだらけ』は『隙だらけ』だと思った

今回は、

【あなたの『大好き』を否定してくる人とは距離を置くべき】

と記事タイトルとのテーマで記事を書いていきたいと思う。

結論から言うと、自分が『大好き』なことをしているときって、無茶苦茶油断している(=『隙だらけ』)と思う。

こういうときに「それなにが楽しいの?」とか言われるとショックを受け、やる気を無くしてその後行動できなくなったりとか、ない?

「何が楽しいの?」に答える必要はない

心の底から楽しんでいるときってある意味、思考停止しているし、それに対して冷静にツッコむのは野暮にほどがある!

応じて答えるとしても、

全部楽しい

逆にどこがつまらないの?

と言い切ってしまったほうが良い。

(カードゲームアニメの)『遊戯王VRAINS』を観ていたときに、父から『ババ抜きしているんだな』と言われた

個人的な話。

父が何も理解していないのは明白ですね。

まあ、作中でAi(アイ)という主人公の相棒が「お前ババ抜き弱いだろ」とか言ったりもしているんだけど。

父に悪意があったのかはともかく、あれだけ複雑化した遊戯王のやり取りを見て(父はカードを使っている、くらいの認識でしかないのだろうけど)あれだけ無関心なセリフを放てるのは、逆に感心するやら驚くやら、やっぱり悲しいやら。

いい年こいて親の前で遊戯王見るのは放っておくとして(←良いのか?)。

実の父が、息子(自分)の好きなものを何も理解しようとしない、という態度。

これに一番ムカつくし、傷つく。

【距離を置く】といっても自分は実家住まいだし(ブログ・サイトで稼いだら1人暮らししたい)、毎日顔は合わせている。

父は多分知的ボーダーくらいの知能だから、まー適当なことを言うのはしゃーない(事実)。

分かっているんだけど、分かってほしい。でもまあ、あの知能じゃあ、どうしても見えない『バカの壁』があるように思える。

アスペルガーだとも思うんだよな、父。専門分野には詳しいけど、それ以外は全く分かってないし。

「オンライン」「夜更け」といった簡単な言葉を理解していないのには最近絶句させらた……。確かに、一定方向を除いて語彙力は壊滅的だろうな……。

無関心アンド否定

織り交ぜるパターンが一番嫌いだな。

大して関心も知識もないくせに、明確に否定だけはしてくる。

父、ではなく母の場合は自分のラーメン作り(ガラとかから作る本格的なやつ)とか、大して理解してもいないくせに「いつになったら(一連のラーメン作りが)終わる(辞める)の?」と言ったりね。

やめてほしいんだろうけど、それをやめてほしい。

物理的に距離を置く、精神的に距離を置く

自分は実家住まいなのでほとんど後者になる。

まあ外に出て働いてるわけでもないし、ある意味最初から前者は(両親以外)断ち切っているような気もする。

他人の好きを軽率に否定しくる人間は、例外なく馬鹿

自分の『大好き』を否定してくる人間は、全員馬鹿だった気がするし、頭の良い人はそもそもそんなことしないよなー、とか思う。

人が大好きだと思っていることを明確に否定するって、無茶苦茶リスキーだと思わん?

その相手から嫌われるのはもちろんだし、下手すりゃ刺されるかもしれない。

自分の『大好き』を否定することで、『私のほうが上だ』という謎のマウント取りを感じることもあるな。

出る杭は打たれるというが、本気で人生を楽しんでいる人を『出る杭』だと認識するのは、人間力が低すぎる!

猛省しろ! できないから馬鹿なんだろうけど。

以上!

おまけ

フランクな文体で書く、というのを意図的にやっているけど、普通に敬語、次いで断定口調の方が書きやすい。

気がついたらむっちゃ丁寧な敬語で書いてる。リライト! みたいなー。