雑記

悩みとは思考のゴミだ

最近はけっこう人生に悩んでいる管理人、書い人(かいと)です。

でもまあ、わりとこういう悩みって問題解決ができないであるが故(ゆえ)の代替だったりもするわけで、それについてをいろいろ書いていこうと思う。

悩みを解消する最適な手段は、問題を解決すること

突き詰めると、人生が上手くいっていない人が悩むのは、努力しないといけない現実から逃げるためだと思うんだよね。

悩んでいればなにか考えた気にはなれるし、「自分は思慮深い人だ」と勘違いすらもできる。

行動量を増やせ。思考は案外大事じゃない

自分みたいな『思考』が行動の軸になっている人からすると耳が痛いのだけれど、行動のほうが問題は解決できる。

考えた上でやるのは前提だし、「やる意味があるのか」を突き詰めることで優秀な行動に結びつけることはできなくもない。

ちゃんと考えている人が年齢を重ねていくと、自分がやりたいことやできることというのは明確に見えてくるもので、あとは行動あるのみになる。

どうしても立ち止まって悩んでしまう分野は、才能がないと割り切って活動しないのも手だと思う。

難しいことなのはわかるが、最低限の努力はしたの?

悩む程度の段階というのは、ほぼ100%で最低限の努力をしていない状況だと思う。

何を持って最低限とするかはケースバイケースだけど、

小説執筆だったら→数十万字くらい書いてみる。長編を何本も完成させる。

ブログだったら→100記事以上書く。

YouTube配信だったら→100本以上の動画を投稿する。

若干クリエイター寄りの例になっているけれど、努力したくない、無駄にプライドを働かせるて行動しないから悩むという場合は非常に多い。

我慢と努力で全てが解決するわけではないが、実際の行動(≒努力)から学べることは非常に多く、優秀な学習方法だ。

まとめ 考えすぎは邪悪だと思え

何も考えもせずに根性論で行動するだけなのも、それはそれで邪悪なんだけど(いわゆる犬の道)。

これを読んでいるほとんどの人は、自己研鑽に努めて考えた上で努力している人たちだと思うので、いちいち自分の論の重箱の隅をつつくことはないだろうと思うことにする。

考えることも行動の内なのは事実だけど、悩むと考えるは違う。

重要なのは、問題を解決する意識があるかないかだろう。

これからの自分は思考する時間を減らして、行動を最適化・最効率化していこうと思う。

以上!