雑記

【劇薬】心に刺さる文章の書き方【一部の人から嫌われよう】

自分の執筆スタイルの特徴として、『波風を立てないアンチも信者も現れない文章』になっていると思う。

ただ、それだけじゃ上手く行かないのもブログ稼業であり、自分自身の明確な意思表示がないような気がしていた。

嫌いな人は嫌いだし「お前みたいなやつとは、絶対にわかりあう気はないからな」という意思表示をたまにするのは大事だと思ったわけ。

アンチを必死こいて作ろうとするわけじゃなく、自分についてくれる人(≒信者←あんまり良い言い方じゃないから、サポーターなどと表記すべきかもな)を増やす過程で、必ずアンチは湧いてくるだろうと思ったんよ。

今回はそういった『一部の人には嫌われるけど、確実にサポーターがつく』文章の書き方を提示していこうと思った。

“好き”をはっきり書く

自分はこれが好きだ! というものをしっかりと明示する。

自分の場合は、ブログ周りを見れば、サブカル・創作その他発信が好きなのは誰の目から見ても明らかなので、ここは出来ていると思う。

“嫌い”をはっきりと書く

ここが管理人・書い人がトップクラスにできていないところだと思う。

いちいち他人の神経を逆なでするような文章は書きたくないけど、インパクトのある文章の中には「○○~はクソだと思うX個の理由」などといった見出しが踊る場合は往々にしてある。

自分の場合はそもそも露骨な犯罪者でもない限り、そこまで極端にネット上で嫌う人は出てこないというのが大きく、人はそこまで好きにならなくとも嫌いではない。

次項に繋げます↓

嫌われたい人を設定する(自分は『馬鹿』が嫌い)

可能な限り、できうる範囲で賢くあろうとしているのが自分だと思う(あわよくば限界突破も狙いたい)。

頭でっかちは問題だとも思っているので、行動力も身につけている。

様々な意味で『馬鹿』(特に考え方が馬鹿な人)が嫌いなのが自分だと思う。

ある種の他人を『馬鹿』と決めつけるのもなんだか『馬鹿』っぽいぞ? とも思い、思考を巡らせる余裕もある。

正直、自分は『馬鹿』な人を愛する才能がないようだ(直す気もない)。

知的障がい者が相手とかなら、一考して対処・対応を変えるとかはあるけれど、考え方が古臭かったり、あまりにも他者依存だったりする人は無理(他にもいろいろ居る)。

基本的に『馬鹿』に興味がないし、一生治らない人が真の『馬鹿』だとも思うので、どうしたものかと思う。

頭が良く、行動する人に好かれたい

自分が敬愛するマナブさんのマナブログでは『とにかく読者の悩みを解決する記事を書け』がプッシュされているし、それはウケるブログの最適解なのかもしれない。

ただ、意見提示的な記事も書いていきたいな、とは思った。

自分語りは控えめで、前述したように嫌われる人からは嫌われて、サポーターは増える、みたいな記事。

愚痴は書きたくないけど、怒りや感情を表した記事というのはエモい(感情を揺さぶる)し、使い方次第では強力な武器になると思っている。

ブログコンセプトから外れない程度に書いていくかな。

まとめ 今を頑張っている人へ

共に頑張りましょう。

自分(書い人)も大変頑張ります。

毎日が挑戦で満ち溢れているな。

今回の記事はクリティカル・シンキング的な、この記事自体が人の心に刺さる文章にしたかったのだけれど、まだまだ実力不足で書ききれなかった。

もっとブロガー力(筆力)を上げてインパクトなどのある記事や積み上げられる秀逸な記事が書けるように頑張ります。

以上!