創作

【自己評価】自分(書い人)は自分に甘すぎるのかなー、と思った話【創作など】

自分の書いているブログの文章や、特に小説は(大)好きだけど結局ひいき目なのか?

今回はそういう記事にするよ。

なるべく厳しめに自己評価をしていくので、読者のみんなが自分を見つめ直すときの参考になれば幸い。

ブログについて(自己評価)

読みやすい文章が書けていると思う。

ただ、あまりに大人しい。

後述の小説・創作にもいえるけど、炎上しないのは良い。

ただ、バズ(一時的に極端に盛り上がる)もない。

もっと他の人が読んで「良かった」「楽しかった」と思ってもらえる文章を書きたい。

裏を返せば冷静であるということでもあり、必要な情報を必要なだけ書くという才能(文体=文章執筆の個性)には恵まれていそう。

創作(小説メイン)について(自己評価)

主にカクヨムで活動している。

創作小説については自己評価が激甘だと思う。

否定的な評価をネット上で(ほとんど)貰ったことがないが、つまりそこまで人気がないということでもある。

否定・肯定以前にほぼ感想がないため、そもそもどうしようもないような……。

そもそも論として、前提となる感想が貰えるほどのアクセスが集められないのは致命的なのだろう。

長編をしっかりと書いて完結させたものを投稿すれば、感想の1つや2つは付くのでは? とは思う。

小説執筆のダメ出しついて(深堀り)

自分の執筆でダメだと思っている部分を出していくよ(ダメ出し)。

会話劇が苦手

ライトノベル作家としては致命傷か?(笑……笑)

いつの間にか地の文(会話以外の文章)だけになっていたりとかね。

それだけ説明や描写に間(文章)を割けるということでもあるけど、会話劇で話を進めていくのが自分には難しい。

作風と言えば作風なので、あまり直そうとも思っていない。

作風の問題なので、修正するのは最後にしたい。

科学的な知識の不足

これはSF小説を書くときにもろに反映される。

いろいろな小説から影響を受けた上で書いてはいるけどまだまだ好き勝手には書けない。

真面目に勉強するしかないと思う。

知識の応用力の不足

これは単純な勉強量が比例するのかな?

ライトノベルでは『ザ・サード』や『狼と香辛料』などが広範な知識をもとに書いている感じがして、正直うらやむ。

ファンタジー小説や現代(前後の)小説を書くときも、当たり前の事実から物事を推測・推論して書くべき解答的な文章を導き出す、というのは重要な作業だ。

これをやるかやらないかで、文章の重さ(=説得力)が違ってくる。

小説を書いたことのない人にはこの説明はわかりづらかったかもしれない。

ごめんねごめんね。

心理描写の不足

とある1人から指摘があっただけなのだけど(別のブログに感想を書き込んでくれた)、心理描写が少ないと言われた。

その作品はカラッとした作風を目指していたし、断片的な部分しか書いていなかったので言い訳はできるけど、自分は確かに心理描写を排除しがなのでドライになりすぎないように気をつけたい。

臨場感の不足

その場の息遣(いきづか)いさえ感じ取れるような臨場感のある描写が、自分の小説には足りないと思っている。

実際にその場で暮らしてみたらどう感じる? みたいなところ。

けっこうなレベルの高さを要求されるけど、このハードルを超えればプロ作家にはなりやすいとも思う。

素直に言えば、ちょっとばかし人よりIQ(知能指数)が高い(ほんの少しだけどね)のが災いしてそうな気がする。

処理速度が早く、例えるなら早い乗り物に乗っているせいで風景をしっかり見れていない、みたいな感じ。

かといってじっくり見るのは性に合わないし。

『生活感』を意識して書いていくしかなさそうだ。

長編があまり書けない(経験不足)

いや、けっこう長い間小説を書いている(執筆時時点で14年目くらい)のに、完成した長編はほぼない。

短編や中編はそこそこあるんだけど。

まあ精神病で認知機能が落ちていたのが原因かな。

最近は調子良くなってきたので、素直に長編も書けそう(長編シリーズはまだきつい)、というか書いている。

実際に書く、手を動かすという作業に慣れるのも重要そうだと思っている。

最近は1日1000文字を目標に継続して執筆できている(約3ヶ月で長編小説1冊ぶん相当になる計算)。

あまり1日だけ頑張って書くより、今のペース配分のほうがいいかな。

小説執筆で良い点について(深堀り)

次は良い点についても書いていくよ。

ダメ出しばっかしていると悲しくなるからね!

良くも悪くも天才『型』

天才じゃなくて、『天才』。

あくまで執筆タイプの話になるけど、これは要するに計算型ではなく、自分の好きなことを好きなだけ書いて結果を得るタイプのこと。

結果はまだ得られていないが……。

自分が書きたい作品(世界観、設定など)が先行してあって、それに引っ張られるか引きづられるかのようになって書き出すタイプなのだろう。

また、書いていて嫌な作品は一切書かないので、融通は利かないともいえる。

とにかく、自由に(な)小説が書ける環境にあることは素晴らしく、幸福だといえる。

斬新なアプローチをしている

作家を目指す変人なだけあって、モノの見方が違うらしく(?)プロット(あらすじ)レベルの発想は斬新だと思う。

アイデアの具現化能力もずっと小説を書き続けるうちに、高まってきた気がする、というか露骨に上がってきた。

自分の限界をある程度見極めて、書ける範囲で書くようになったともいえる。

その限界を伸ばすべく(まだまだ伸び代あるよ!)毎日、切磋琢磨(せっさたくま)・努力中。

アクション好き

その描写が上手いかどうかはさておき、アクション(戦闘)シーンの描写は好き。

あまり陰惨(いんさん、グロテスク描写とか)にはならないように(自分も嫌いだし)しているけど、決着がつくまでの白熱したやりとりなんかは好き。

これからも反映させていきたいな。

継続している(←最重要)

14年間アマチュアで小説を書く、アイデア出しをし続ける、というのはなかなか苦労があり、根気が必要だった。

「才能ないのかな……」とはあまり思ってこなかったのは幸い(多少は悩んだけど、他にしたいこともあまりないし)。

これだけ続けられるだけでも、才能だと思う。

これからも頑張ります。

以上!