ゲーム

【ゲーム】『XCOM: Enemy Unknown』が面白いので紹介する【初心者向け】

ゲームの感想ではけっこう上位表示されやすいのに個人的に定評がある、書い人だよ。

今回はエイリアンと戦う戦略(ストラテジー)ゲーム、『XCOM: Enemy Unknown』(自分が遊んでいるのはSTEAM版)を紹介したいと思う。

プレイ実況動画があるので、さっと見てくれればどんなゲームかはわかるはず。

ゲームの概要(がいよう)

この作品にはリメイク元となったゲームがあり、1994年に発売された『en:UFO: Enemy Unknown』というゲームになる。

カルト的な人気を誇っていたらしく、超本格的なリメイクを果たしてメジャーな人気を得たっぽい。

XCOMは『Extraterrestrial Combat Unit、対異星人戦闘部隊の省略形』であり、Enemy Unknownは『未知の敵』という意味になるよ。

やたらめったら大絶賛、海外のレビュアーが「もうこれ神ゲーだわ(注:意訳)」と認めた作品。

プレイ概要

XCOMの本部で新しい兵士を雇ったり、装備を研究したり、新しい武器や建設を行ったりができる。

肝心の戦闘は動画を見ての通りターン制。

基本的に敵エイリアンのターン中は何もできずに見守ることしかできない。

自分のターンにどう動くかが全ての鍵になる。

また、国家評議会(対エイリアンの国連みたいなもの)というものがあり、その加入国がミッションの失敗で脱会してしまったり(8カ国が脱会するとゲームオーバー)、ましてや複数国のミッションが同時に発生するなどがある(対処できるのは1カ国だけ!)。

鍛えた兵士も、こちらの判断と運が悪いと、あっさり敵の攻撃のクリティカルヒットなどで一撃死するなど、なかなかハード。

新兵は安く雇用できるとはいえ、戦場を経験して昇進した兵士がいるほうが強く、心強いのは間違いない。

個人的な感想

基本難易度は4段階中の下から2番目のノーマル(動画サムネの『Very Hard』はミッション個別の難易度になる)だけど、なかなか難しい!!

基本的な動きはだいたい把握したけれど、戦闘で全滅を2回経験した(まあ、まだ2回だけとも言える)。

個人的に好きな各ユニット(駒)兵士のスキルはこんな感じ。

アサルト(兵):ラン&ガン→通常、そのユニットの行動が終了してしまう『ダッシュ移動』後にも攻撃が可能となる。

ヘビーロケット発射シュレッダーロケットも別枠で使えるので有用。要するにロケット弾による遠距離・爆発攻撃。1回の攻撃で敵複数を一網打尽にできる場合がたびたびある。

スナイパー部隊監視→別の味方が視認していて、スナイパー自身は見えていないが、その射線上にいる敵なら攻撃できる。

サポート衛生兵→アイテムスロット1つで治療キットを3個所持できる。要するに持てる回復アイテムが3倍になる。超優秀。(特に自分は考えなしに突っ込んで痛い目見がちだからね!)

他にもいろいろできることはあるだろうけれど、それは動画での説明でいいかな。

以上!