雑記

人生の損を取り戻したい? 無理だから諦めろ【雑記13】

どうも、書い人(かいと)です。

自分はここ数年以上は特に『過去に追われる人生』みたいなものを送ってきたのだけれど、それって自分の中で何の幸せにも貢献していないよな、と思ったのでその辺りを深堀りして書いていきたいと思います。

統合失調症で失った損を取り戻したかった

何度も雑記や自己紹介記事などで書いているように、書い人は統合失調症です(寛解・かんかい中。症状は非常に軽いほうですね)。

人生を振り返ると、全然勉強できなくなったのが痛かったです。

就職なんて考えられませんでした。

27歳くらいから調子が戻ってきたので、それまでの失敗半生を取り戻したくて、いろいろなことに手を出してやめたり続けたりをしています。

でも、気づいたんですよね。絶対にこの損は修正できないということに。

失った時間は絶対に帰ってきませんし、病気について思えば思うほど不幸な気分になっていきます。

幸いにもブログは続けられそうですし、ちゃんと稼げるようになっていくのかもしれません(未来は誰にもわからないです)。

自分のその生き方に後悔は一切ないのですが、失敗点を挙げるならもう少しゆっくり生きても悪くないということでした(自分でも気づいていませんでしたが、むちゃくちゃ焦ってましたね)。

でもお金(収益)なんて頑張った先に勝手についてくるものだし、ストック型の収益を増やしたいと思っている以上じっくり時間をかけて取り組むしかない。

過去は過去と割り切り、魅力的な人生を送りたい

他人の評価なんて気にしないで堂々と生きている人のほうが、完璧(主義)とかを狙って生きている人よりも魅力的だと、書い人は思います。

仕事(=ブログその他)以外で熱中できること(=趣味)でも見つけてみようかな。

いわゆる推しを探すのも悪くはないと思います。

最近は『ミカグラ学園組曲』シリーズとその作者の『Last Note.』さんが好きです。

あとは星野亮さんの『ザ・サード』とか、至道流星さんの『羽月莉音の帝国』とかね。

最近ようやく『余裕(余力)を認知する能力』が身についてきた気がします。

まとめ:「これからのあなたの話」をしよう

過去に、取り戻したくなるくらい大きな失敗をした人(他責か自責かはさておきます)はまず、過去は過去でそれは別の人間なんだ、と思うくらいの気持ちは大事だと思っています(ただし自責の面が強い場合、過去に重大な問題を起こしたなどの場合は最低限の道義的責任、意識は持ちましょう)。

人生にもいわゆる損切りと割り切りは大事です。

勇気を持って行動していきましょう。

以上!!